ON SALE

GINETTA

G40R

PRICE

828万円

ファイバーや糊の香り、乾いた音、ソリッドな感触。五感に伝わる旧知のイギリスライトウェイト王道感に「涼しい」という違和感が一際浮き上がります。雨天のガラス曇り防止なども含めてツーリングの行動・時間・季節の範囲も間違いなく拡大することが可能だと思います。プラグの番手も落としてカブリ対策など施してあります。

お二人で3泊くらいの荷物は収納可能なしっかりとしたトランクを持ち、椅子の後ろ(リアスクリーン下)にも小分けにすれば相当量の荷物が積載可能です。タイヤも雨天も考えパイロットスポーツに交換させていただいてます。

手作りながらも内装はとても良く仕立てられており、エアコンの冷気が室内に止まることも相まって、室内と室外を感覚的に区別することができました。

FIA規格のフルケージはAピラーの視界を遮ることなく、非常に綺麗にインテリアの一部となっています。スライド式シートが左右ともに採用されています。

ギアボックスを直接操作する快感こそがFRの普段の醍醐味かもしれません。シフトノブがキンキンに熱くなることもなく、冷間〜温感までコクっとしたご褒美のようなフィーリングは安定していました。

つま先から土踏まずくらいまでペタッとペダルに当たり、足裏でブレーキキャリパーを操作している感触になるオルガン式。クラッチは踏み下ろすタイプですので踵を支点にしていただくと、操作も安定し、コントロールも微細に可能です。

運転席にはGINETTA純正4点式ハーネス。

高めのサイドシルの理由は2本の並行するサイドビームを内包しているから。ロータスにお乗りの方であれば、厚みが薄いので乗降も問題ないかと思います。

ロールケージの隙間を通るように小分けにすると大きめのラゲッジスペースとしてもお使いいただけます。

ボンネットとフェンダーの合口が振動で傷がつかないようにプロテクションフィルムで養生しています。

全長375×全幅164×高さ112 現行のロードスターが
全長396×全幅174×高さ124ですので、街を走れば小ささが際立ちます。

クワンタム製車高調整式アブソーバーで、前後バランスを。キャンバーシムでアライメント調整も可能な作り。リセッティングのご相談もお待ちしております。

完全にミッドマウントされた4気筒エンジン。4連スロットルの驚きのレスポンスをお楽しみください。

純正で既に大型ラジエターが採用されているあたりにも出自がレースカーなことを感じさせられます。

Ginetta G40R 車両状態確認動画

POINT

ワンメイクレース用に開発されたG40のロードリーガルバージョンであるG40Rの入庫です。エアコンがちゃんと機能し涼むことが可能なイギリスライトウェイトスポーツ。伝統的な製法であるチューブラーフレームに自然吸気のDOHCエンジンを縦置き。そこにファイバーボディを架装。FIA規格のセーフティロールケージ(サイドビームは太いチューブが2本並走している)を丁寧にインテリアに組み込んであり、内装の作り込みも手作りとしてはかなりしっかり作り込まれており、内と外を感覚的に認知していただけるクォリティになっています。それでいながらドライで795kgという圧倒的な軽さを維持。純正ショックがスリックタイヤを前提としたレートでしたので、クワンタム製の車高調整アブソーバーキットで再セットアップさせて頂きました。

年式
2017年
型式
-
走行距離
980mi
車検
R4/12
EG
2.0L S4 自然吸気
シフト
5速MT
ハンドル
右ハンドル
輸入属性
ディーラー車
修復歴
ナシ
出力/トルク
178ps/19.5kgm
車体重量
795kg(ドライ)
全長×全幅×全高
375×164×112
純正装備/純正オプション
○国内14台 ○パールホワイト ○エアコンオプション 
○FIA規格セーフティロールケージ ○4点式ハーネス追加装備
○Ford Duratec自然吸気DOHC4気筒エンジン ○4連スロットル 
○カーボンメーターフード ○カーボンヘッドライトベゼル ○GTウィング
追加装備/モディファイ
□クワンタム製車高調整キット □クイックリリースステアリング □ETC車載器